ミッドナイト・イン・パリ

ミッドナイト・イン・パリ [DVD]

角川書店



ハリウッドの脚本家ギルは、婚約者とその両親と共に憧れのパリに滞在中。そんな彼がある夜、0時を告げる鐘の音に導かれて迷い込んだ先は、芸術花開く1920年代だった! これは夢か幻かと驚くギルの前に、次から次へと偉人を名乗る面々と、妖艶な美女アドリアナが現れて・・・。

amazonから↑↑↑あらすじ抜粋



ヘミングウェイ(そんな男前て知らんかった)とかダリとかフィッツジェラルド・・とか
いろんな芸術家や作家が出てくるんですが知らない名前も多くてスマホ片手に検索しながら観てました。
パリが好きで1920年代とかに興味ある人にはうれしいかも、そうでなければ退屈かも。

私としてはヘミングウェイも読んだことないし、ピカソもものすごく好きとかじゃないので
あまりピンとはこないんですが・・・

でも「アンダルシアの犬」が好きなのでルイス・ブニュエルが出てきたのがちょこっと嬉しかったです。

映画としては楽しめました~
オーウェン・ウィルソンは「ズーランダー」のイメージが強かったけど・・
この役良かったです・・。


震災とか戦争とか・・・いろいろ悲惨なことがあると、なかなかどれが良い時代だとは言えないかも知れないですが
「文化」というくくりだけで見ると人類はじまって以来黄金期じゃなかった時代なんてなかったような気がします。
どんな時代もすごい芸術家がいてすごい作品が生まれていた・・・ということで。

現代もかなりの黄金期ですよね!
私は今の時代に生まれてよかった・・・
まあ、前世があるなら前の時代もそれなりによかったんだろうけど・・

100年後の世界の人から見たら「あの時代はすばらしかった」て思われるんでしょうね~

私は来世ではもう地球にいないかもしれないから、どこかの宇宙で「あ~地球があった頃がうらやましい・・・・」と思ってそう。
[PR]
by emabag | 2013-03-31 21:57 | 映画

ウツミエマ 1977年大阪生まれ 長野県安曇野在住 絵は独学です。 https://utsumiema.jimdo.com/


by emabag
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31