ウツミエマ 1977年大阪生まれ 猫と映画と海外ドラマ好き


by emabag
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ミヒャエル

シュラインツァー監督がミヒャエル・フイト主演により、異常性愛者と彼の自宅に軟禁された少年の姿を描いたドラマ。35歳の独身男・ミヒャエルは、10歳の少年を誘拐し家の一室に軟禁していた。ある日、ミヒャエルが交通事故に遭い入院してしまう。

ミヒャエル [DVD]

アメイジングD.C.





私の中ではすごい最高傑作なんですが・・・・
苦手な人も多いと思うので要注意です〜

子供がしくしくと泣くシーンがあります。この時点でもう耐えられない!!という人もいると思うので
子供大好きな人には絶対お勧めできません・・・。

子供好きじゃない私でもそのシーンは泣けたので・・・。

でも、まあ、子供がかわいそうなのはもう当然わかりきったことなので、さておき・・・

変態のオッサン(私と同い年)の地味な生活、
上手くできてそうでいまいちな他人とのコミュニケーション、
昇進への欲望、自己防衛本能の強さ、

なんかいろいろな描写がすご〜く鋭くておもしろいです。

変態のオッサンと普段腹を割ってお話しする機会なんてないので
全く想像つかなかったけど・・・・

こういう人って・・出世への欲とかあるんでしょうか・・・
機嫌良く車の中で歌う変態オッサンの姿がとても新鮮でした。

露骨に見せすぎず、でもあいまいにごまかすでもなく
人間の嫌な側面を、じり・・じり・・・と見せつけてくれます。

ミヒャエル・ハネケの雰囲気を受けついだっぽい、嫌な雰囲気なんだけど上品な映画です〜

映画とか普段見ないタイプの人とか、
平和とか子供を愛するポジティブ思考の人とかには
大きな声で「この映画良かったよ!!!!」と言いにくい・・・・・けど

私としては・・これは最高傑作だったです。
ミヒャエル・ハネケ好きな人だと確実に好きかな・・。
[PR]
by emabag | 2013-07-25 22:47 | 映画 | Comments(0)