ルーパー


近未来―タイムマシンは開発されていたが、その使用は禁じられ、犯罪組織のみが利用していた。
彼らは、証拠を残さず敵を消し去りたいとき、30年前に転送する。“ルーパー"と呼ばれる暗殺者の元へ―。
凄腕ルーパー、ジョーの元に、ターゲットの抹殺指令が入る。それは、いつも通りの単純な仕事のはずだった。
だが、送られてきたのは“30年後の自分"。引き金を引くことを躊躇ったジョーの不意をつき、未来から来た“自分"は街へと消えていく。
「奴を殺さなければ、自分が消される! 」必死に追跡する現代のジョー。
ようやく未来の“自分"を追い詰めたとき、彼がこの時代へ来た、驚くべき理由が明かされる。
男が過去にまで来て変えようとしているものとは?
謎多き未来の独裁者“レインメーカー"とは一体―?
div class="lifelog-entry">

LOOPER/ルーパー [Blu-ray]

ポニーキャニオン



ジョセフ・ゴードン・レヴィットがすご〜くカッコ良かったです・・。

でもあの繊細な細面の青年が30年後、ブルース・ウィリスになってしまうのがちょっと笑えました。
たぶんもっとなんか、・・他に細面の渋いオッサン俳優おらんかったんかな。
ブルース・ウィリス頭すごいはげてるし・・・なんかいっつもビール飲んでるオッサンみたいやし・

でも・・まあ、人間は30年もすればあれくらい変わるのかもしれないです。


未来から突如現れる人を躊躇無く撃ち殺す・・という絵図はカッコ良かったです・・・
でも、なんかやっぱり、別にわざわざそんなややこしいことせんでも未来で殺せばいいのに・・とかついつい思ってしまう。

AKIRAっぽい子供も・・・まあ、いいけど・・でもなんかな、
それで全部ややこしいことはチャラにされた感じ。

映画を普段全く見ない人にはおもしろいかも。

普段映画をよく見てる人には・・・「あ〜・・・そう」て感じのラストだと思います。

せっかく良い俳優そろえて、内容もいい感じなのに・・・

もう一声足りない、ひねりが足りない、もったいない映画でした・・。
[PR]
by emabag | 2013-11-25 21:43 | 映画 | Comments(0)

ウツミエマ 1977年大阪生まれ 長野県安曇野在住 絵は独学です。 https://utsumiema.jimdo.com/


by emabag
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31