ウツミエマ 1977年大阪生まれ https://utsumiema.jimdo.com/


by emabag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ウーマンインブラック/アルバート氏の人生


「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ主演で、イギリスの人気作家、スーザン・ヒルのゴシックホラー小説「黒衣の女 ある亡霊の物語」を映画化。遺産整理の仕事で片田舎の古い館を訪れた若い弁護士が怪現象に見舞われていく様を描く。

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 [DVD]

Happinet(SB)(D)



普通の物語というか・・ワンパターンな感じで新鮮さゼロ・・・だけど

イギリスの景色とか古い屋敷とかがきれいなので
もしかしたら映画館で観たらよかったのかもしれないです。

「あ〜・・・ふ〜ん・・・・へー・・・」という感じでたいした展開も無く物語は進んで行きます。


ありきたりな物語だけど・・ラストはなかなか思いきった感じで好きです。

幽霊がちょっとなんかCGぽい雰囲気だったから・・・もっとレトロな方が怖いかもな〜て
思いました。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

本当の自分は、タキシードの下に隠して生きてきた…。
19世紀アイルランド。モリソンズホテルでウェイターとして働くアルバートには、誰にも言えない重大な秘密があった。それは、“彼"が14歳の時からずっと、貧しく孤独な生活から逃れるため、男性になりすまして生きてきた“女性"であるという事実だった…。誰にも真実を打ち明けることなく、40年以上もたった独りで生きてきたアルバートだったが、ある日、ホテルにやってきたハンサムなペンキ屋ヒューバートに出会ったことで、固く閉ざされていた心の扉が開き出す…。

アルバート氏の人生 [DVD]

トランスフォーマー



この映画は・・・予告編と本編とが全然違う気がします。

予告編は「貧しさ故に男として生ることを選んだ女性の感動秘話」みたいなん。

本編は「貧しさ故に男として生きることを選んだけど・・・なんか辛いこととかありすぎて若干心を病んでるのか?おかしい感じの人がなんかいつのまにかレズビアン?になって若いネーチャン追いかけてしまってなんかかわいそうだけど、勘違い多いが故になんか残念な結果になってしまった人の話」
みたいなん。

予告編と本編のイメージの落差にちょっと「あれ???」てなりました。

でも・・まあ、観てておもしろかったです。

予告編観て「観てみよう♪」と思ったので想定外な感じでした。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


★大富豪の御曹司オリバーと菓子屋の娘のジェニーは身分の違いを越えて恋におちた。周囲の反対を押しきってふたりは結ばれるが……
★1971年興行成績第1位の大ヒットを記録。当時の映画ファンの涙を誘ったロマンス映画永遠不滅の名作。
★名セリフの“愛とは決して後悔しないこと”と、アカデミー賞作曲賞を獲得したフランシス・レイの名曲は誰もが一度は聞いたことがあるはず。

ある愛の詩 [DVD]

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン




ちょっと・・・眠かったです。

音楽はなんか聞いたことあるけど・・・

ちんたらちんたら・・とした感じ。

でも・・まあ、なんか切ない話でした、
死に際あっけなかったな、もっと盛りあがりないんかな。



この映画は続編「続・ある愛の詩」というのがあるようですが・・・

明らかにいらんやろ!て感じ。
[PR]
by emabag | 2013-11-28 22:32 | 映画 | Comments(0)