ウツミエマ 1977年大阪生まれ 猫と映画と海外ドラマ好き


by emabag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

テス / 説きふせられて

最近、Huluで動画を見はじめました〜

e0117741_22395188.jpg




トマス・ハーディーの代表作を、『プリンス・オブ・ペルシャ~』のジェマ・アータートン主演でドラマ化。貧しい行商人の子として生まれた美しい娘・テスの悲しみと波乱に満ちた生涯を描く。共演は『美しすぎる母』のエディ・レッドメイン。


テスといえば・・やっぱりナスターシャ・キンスキーの「テス」を越えられないんだな〜て思いました。

たぐいまれな美貌ゆえによからぬ男から執着され、無知と純粋さゆえに襲いかかる悲劇!!

とかいう感じがナスターシャ・キンスキーの神がかった美貌では説得力があったけど・・・

あのダーバヴィル家を最初に訪れたときに苺を食べるシーンとか、ナスターシャ・キンスキーの時はとっても官能的だったけど・・今回の「テス」は全く普通の可愛い女の子て感じ・・。

・・・可愛いけどなんかさほど特別な美貌て感じでもないし、
背も高くてごつい(原作読んでないのでテスの風貌の描写はよく知らないんですが・・)

あのアレックがそこまで執着して追いかけ回すほどの魅力があるのか・・・疑問になる感じでした。

ナスターシャ・キンスキーなら誰でも正気を失い、取り憑かれたようになって追いかけ回すかな・・と思います。

ストーリーはとっても良くて風景も奇麗、なんの文句も無いけど・・

キャスティングちょっと地味だったな・・て思いました・・。

でもやっぱり最後泣けました。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。






周囲の「説得」により最愛の人と別れた男女の苦悩と愛を描いたドラマ。父に反対され、海軍将校・ウェントワースとの結婚を取り止めたアンは、思わぬところで彼と再会し…。主演は『わたしを離さないで』などに出演するサリー・ホーキンス。

もうただ単に、単純に楽しめる内容です・・
ドキドキ、ハラハラ、ワクワク・・ていう乙女な世界です。

今も昔も人間の心は変わらんなあと思います。

ああでもないこうでもないと嫉妬したり後悔したり期待したり誤解したり・・

ジェーン・オースティンの世界てなんでこんなに魅力的なのかなあ、
もう何度見ても飽きないです。

私はなぜだか本当にジェーン・オースティン大好きです。

e0117741_22414996.jpg

[PR]
by emabag | 2014-08-14 23:15 | 映画 | Comments(0)