ウツミエマ 1977年大阪生まれ 猫と映画と海外ドラマ好き


by emabag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ドラゴン危機一髪/ドラゴン怒りの鉄拳/燃えよドラゴン/死亡遊戯

ブルース・リーにいきなりハマってしまったので一気に観ました・・。
どれもこれもカッコいいですが・・私は「ドラゴンへの道」が明るくて好きです。

ブルース・リーの映画はだいたい雰囲気が暗いので・・その暗いのがもうなんともいえない魅力なんですが、明るい雰囲気のブルース・リーの魅力も捨てがたい・・。



ブルース・リーのことはよく知らないけどマニアックなファンの人はすごそうですね・・




★ブルース・リーの記念すべき本格主演第1作。荒削りながらも驚異の身体能力を生かした切れ味鋭いアクションが展開する。



前半はブルース・リーがなかなか動かないんですけど動き出したら半端無くかっちょいいです。
ちょっと初々しい感じも素敵〜

e0117741_1922848.jpg




★恩師の敵を討つため、日本人武道家に戦いを挑む青年の姿を描いた、大ヒット・カンフー・アクション。ブルース・リー、ノラ・ミャオ、ロバート・ベイカーほか出演。


日本人の描かれ方がヒドイんですけど、ブルース・リーがカッコ良すぎてもはやそんなことどうでもよくなります。



e0117741_1901588.jpg


★ブルース・リー主演による、世界を席巻したカンフー映画の傑作。裏社会を牛耳るハンの手下に姉を殺され復讐に燃えるリーは、ハン主催の武術トーナメントに乗り込んでいく。



今観てもすごいので・・昔だと衝撃的な映画だったろうと思います。
ひたすらカッコ良いです〜
漫画「浦安鉄筋家族」のネタの出所がよく理解できた映画だったです・・。

e0117741_19161693.jpg


★ブルース・リーが撮影中に亡くなったため未完となっていたフィルムに、代役による追撮と他作品のカットを加えて完成させた伝説の作品。『燃えよドラゴン』のロバート・クローズが、リーの遺志を継ぎ監督を務めた。


全体的に暗くて本人のリアルなお葬式シーンとかもありちょっと怖い雰囲気だけど・・

ブルース・リーのそっくりさんが出てきて後半まで本人出てきません。
たまに古いフィルムが出てくるけど・・


で、最後らへんに本人登場するともはや鳥肌ものです。
キレが凄まじい。





e0117741_195374.jpg

[PR]
by emabag | 2014-09-09 19:06 | 映画 | Comments(0)