ウツミエマ 1977年大阪生まれ 長野県安曇野在住 絵は独学です。 https://utsumiema.jimdo.com/


by emabag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

居心地の悪い部屋

内容(「BOOK」データベースより)
うっすらと不安な奇想、耐えがたい緊迫感、途方に暮れる心細さ、あの、何ともいたたまれない感じ―。心に深く刻まれる異形の輝きを放つ短編を集めたアンソロジー。
e0117741_21402069.jpg



居心地の悪い部屋

角川書店(角川グループパブリッシング)



「ヘベはジャリを殺す」は短くてわけわからん話だけど、たぶんジョセフ・ゴードンレヴィットあたりの俳優となんか耳ざわりの良い音楽で映像化したらなんか
スタイリッシュでかっこいい雰囲気になるかもな・・・・ていう感じもした。

でも・・・ヘベ?とかジャリ?とかってどういう名前なのか・・
白人じゃないのかな。

まあ、とにかくなんも説明もない話なので想像力たくましくないとどうしようもない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「やあ!やってるかい!」はCSIとかクリミナルマインドに出てくる犯人っぽい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ケーキ」もどちらかというと映像化したらなあ思いました。
棚中に並べたアイシングたっぷりのケーキ。
窓の向こうに無表情な犬と猫・・。
不思議な映像になりそう。


::::::::::::::::::::::::::::::

ジュヂィ・バドニッツという作家の「来訪者」という短編がツボでした。

道に迷った夫婦と、家で待つその娘との電話の会話なんだけど、
道に迷った夫婦の言動がだんだん妙になってくる・・・と。


なんとなく随分前に観た「レス」という映画を思いだしました。
この映画はB級で映画始まって速攻オチもすぐわかってしまうのだけど、なんともいえない雰囲気があって私は好きです。
じわじわ来る恐怖、押し寄せる不安、果てしない暗闇。
なんか私も方向オンチでよく車で道に迷ったりするのでこの手の話は恐いです。

「来訪者」の場合、完全なるオチとかないので読者の想像にまかせられると思うけど
ところどころに「あ」て思う部分があり怖いな〜と思います。

-less[レス] [DVD]

クロックワークス



↑写真は怖い感じだけど、この映画はそんなに目を覆うようなシーンは無かったように記憶してます。後味よい話ではないけど、私の中のB級ミステリ&ホラー映画ランキングでは上位に食い込む感じのお気に入りです・・・。




「居心地の悪い部屋」という本は全体的にみんな短い話なので読みやすく、それぞれおもしろかった。

ただ、最後の「喜びと哀愁のトリビアクイズ」だけは野球オンチの私には読みづらかった。





::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by emabag | 2016-02-27 22:10 | | Comments(0)