どこの家にも怖いものはいる

どこの家にも怖いものはいる

三津田 信三/中央公論新社

undefined

内容(「BOOK」データベースより)

作家の元に集まった五つの幽霊屋敷話。人物、時代、内容…バラバラなはずなのにある共通点を見つけた時ソレは突然、あなたのところへ現れる。これまでとは全く異なる「幽霊屋敷」怪談に、驚愕せよ。



この三津田信三という作家さん読むの初めてです。

タイトルが不穏で惹かれました。


実話ではない・・・・・と思うのですが


実話風です。


で、


思ってたより怖かったです。


なんかゾゾゾゾ〜っとなります。


あんまり期待しないで、なんの先入観も無く読んだけど、、いい感じでした。

頭の中に映像浮かびます、


でも映画化とかしたら、、変なCG使ったりしてダメになるかなあ??



誰もいない家、誰もいない廊下・・・がものすごく怖い。。


アパート暮らしとか、隣と壁をはさんで同じ建物で暮らすのって怖いなあ。


昔はアパートで暮らすことになんの抵抗も無かったけど


今は無理です。


怖い。



::::::::::::::::::::::::::



でも、森の中で暮らしてても変なものってウロウロしてるみたいです。

我が家にも一度、目には見えない「変なもの」が入ってきて

猫達が大パニックになった事があります。

一階から階段をのぼってきたらしいのですが

猫達がうなり声を上げて威嚇してました。


どっかに途中で消えたみたいだったけど、、、

都会にはゆうれいが大勢いそうですが


森の中にもいろいろ存在してるのですね〜













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





[PR]
by emabag | 2016-09-17 21:55 | | Comments(0)

ウツミエマ 1977年大阪生まれ 長野県安曇野在住 絵は独学です。 https://utsumiema.jimdo.com/


by emabag
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31