ウツミエマ 1977年大阪生まれ 長野県安曇野在住 絵は独学です。 https://utsumiema.jimdo.com/


by emabag
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:映画( 207 )


e0117741_13505732.jpg


なんか、、、、もったいない感じ。

すごい傑作になりそうな感じもしたような気もしないでもないような。。。

多分、部屋の様子とか町の雰囲気とか

センスがいまいち。。。

ビルの合間に鯉が泳いでたりホログラム?みたいな立体的な人たちがしつこくいたけど、、

それぐらいしか目を引く要素がない。

未来都市だったらもっと不思議要素満載でも良いのにな。

ビルも、お店も、看板も、歩いてる人も、、、、普通やん!!!

ビルの窓に光が少ないから、、いたって地味な雰囲気。

船も普通だし、船に置いてあるランプも普通。

あの芸者ロボットがいる座敷もいまいち。

もっと不思議な要素欲しい、、、普通過ぎる。


スカーレット・ヨハンソンは演技が上手くて美しいので観てて飽きないけど・・・

体型が!体型が、、、人間ぽい!

しかもムッチリしてる。

眉間にしわよせて風を切って歩いてみても、、隠せない可愛さ!

う〜ん、、、、もうちょいスレンダーで色気のない雰囲気の女優さんでも良かったかも。

ビートたけし、、最初の方は借りてきた猫みたいな、置物みたいな感じでしっくり来なかったけど

人を殺すシーンになったら急に本領発揮?みたいな、水を得た魚のように存在感光り出した感じ。







「攻殻機動隊」って昔アニメで観たけど、、、あまり覚えてない。
でもおもしろかったことだけは覚えてる。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・














[PR]
by emabag | 2017-04-19 14:28 | 映画 | Comments(0)

アサシンクリード

e0117741_23102970.jpg


私はゲームを全くやらないので、、、、

なんともいえないけど、、、


なんとなくゲームっぽかったです。


何がなんやら途中で話の根本を見失ったけど

まあ、ゲーム知らないし、あんまり深く掘り下げていろいろ考える必要の無い映画かな・・・と思います。

とりあえずマイケル・ファスベンダーの美しい顔をじっくり観察できたので満足です。

マリオン・コティヤールがなんか美しいのにウロウロしてるだけであんまり見せ場無くてもったいないような。。

キャスティング豪華なのにな、なんかぼやっとした仕上がりだったな。



まあいいや・・・・


マイケル・ファスベンダーがとりあえずカッコ良かったから。。。








:::::::::::::::::::::::::::::::






[PR]
by emabag | 2017-03-21 23:20 | 映画 | Comments(0)

ラ・ラ・ランド


e0117741_21371987.jpg


エマ・ストーンの顔が目とかくっきりしてて強いインパクトありすぎて

ライアン・ゴズリングがかすんで見えました。

2人が並んでいると、どうしてもエマ・ストーンの方を見てしまいます。

ライアン・ゴズリングはめ〜っちゃイケメンですが、どうもかすんで見えました。




・・・・とはいえ、すごく楽しめる映画で大好きです。


最後ちょっと寂しかったけど、、、



映画館に行くのがおすすめです。

冒頭の高速道路で歌い踊るシーンは映画館でないと迫力感じられないと思います〜。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





[PR]
by emabag | 2017-03-01 21:51 | 映画 | Comments(0)

セッション



これは・・・絶対映画観に行くべきだったあ〜!
後悔。

こんなにすごい映画と思ってなかった、、、

もう最初から最後までドキドキハラハラ、

音楽でこんなに手に汗にぎる映画が出来るなんて目からウロコ。

音楽の事とか演奏の事を深く掘り下げて考えた事なかったけど・・・・・

音楽家ってすごい!!!!と今更ですが。

ラストがもう衝撃、、、、

なんかこんな狂気じみた、指揮者も制御できないような音楽、、生で聴いてみたい。。。


というわけで音楽に対する概念が完全に覆されました。。。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・






[PR]
by emabag | 2017-02-27 20:16 | 映画 | Comments(0)
e0117741_00510080.jpg



子役がみんな可愛いです。
特に頭の後ろに口がついてた女の子が可愛い。


でも、、、私の好みとしてはもうちょい不気味な顔の子供というか、、、暗い顔の子とかがいいな〜
画面も光が明るくて、、、作り物ぽくてもうちょい暗い方がいいかな〜

全体的にもっと暗くて病んだ雰囲気が欲しい!!

あの死んだ子供が突然起き上がって喋るのとか、シュワンクマイエル風のガイコツ人形がなかなかいい感じなのに
あの不気味さを映画全般に維持してくれたらなあ、、、、


ヨーロッパのどっかで見た事もない俳優で地味にリメイクしてほしい、

きっと不気味になるはず。





でも子供向けだったらあれはあれで良い感じです。

子供好きそう、子供の頃にあんなの見たら不思議な記憶になりそう。



ホローっていう怪物、どこかで見た事あるような、、、
マッドマックスでギター弾いてた人あんな感じだったような、、、

双子の子供、すごいパワー持ってるのに一回しか使わなくてもったいない。


でもなんか最後笑えて、ほっこり。

続編があるみたいですが、、、、子役ってすぐ大人になるからなあ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



[PR]
by emabag | 2017-02-09 01:08 | 映画 | Comments(0)

ドクターストレンジ




e0117741_22161982.jpg


普通に面白かったです。

何の問題も無く最初から最後まで楽しめて途中いろいろ笑える箇所あり、、、

ベネディクト・カンバーバッチの顔に「私は上品で知的な良い男性です」と書いてあるように見えました。


マッツ・ミケルセン、、、は、悪者風アイメイクで「だれやねん!」みたいな感じになってたけど、

なんとなく妖しい感じで素敵でした〜


でも、、俳優が好きじゃなかったら、、観なかったかも。

俳優につられて観て良かったです、、

映像も奇麗で、幽体離脱とか目新しくて、なんだか見たことないような不思議な世界を楽しめました。

小中学生の男の子がものすごく喜びそうな感じかな・・・

いろんなアイテムとか出て来てゲームみたい。










アメリカだけかな、イギリスもかな〜?
欧米全てなのか?よくわからないけどなんで
「ドクター」っていうのを名前の前につける事にこだわるのかな。

日本だと

「田中さんですか?」
「いや、私はドクター田中です」
「あ、ドクター田中さんでしたか!」

みたいな会話ないなあ。。。

アメリカのドラマとかだとそういうやり取りたまに見かける。







::::::::::::::::::::::::::::::






[PR]
by emabag | 2017-02-01 22:58 | 映画 | Comments(0)
コリン・ファースとジュード・ロウの主演で、1920年代にアメリカ文学の名作を数多く手がけた実在の編集者と37歳で生涯を閉じた小説家の人生と友情を描く。

e0117741_22220243.jpg






地味な映画です。
かなり地味。

予告編だと少し波乱あるように見せてるけど
本編はほんと地味。

いちおう喜怒哀楽みたいなのはあるけど

ほとんど淡々としてて大人の映画です。




でもキャストが豪華です。

コリン・ファースいつも通り良かったです。
善良な人の役がどこまでも似合う、
絶対素敵な人としか思えない、、、そういう顔ですね、、

ニコール・キッドマン神経質な感じが良かったです。
でも役柄なのでしょうがないけど・・私の好みとしてはニコール・キッドマンはブロンドでゴージャスな感じが好き、

ジュード・ロウ、、、あとからトーマス・ウルフ作家本人の写真検索してみたら
雰囲気似てたので、、上手く似せたんだな〜と思いました〜

そういえば、トーマス・ウルフという作家の本読んだ事無いです。
読んでみたいなあと思いました。
編集者ってすごい仕事なんだな〜て初めて思いました。


というか、編集してるっていうこと自体考えた事も無かったな。

しかも編集者と作家の間にある信頼関係・・


いろんなことがひとつに上手く合わさって良い本が生まれるのですね〜


良い勉強になりました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







[PR]
by emabag | 2016-11-23 22:50 | 映画 | Comments(0)

ファミリーシークレット


内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ホラーの帝王、スティーヴン・キング原作・脚本によるサスペンス。結婚して25年目を迎え、幸せに暮らしていた主婦・ダーシー。ある時彼女は、夫のボブが、長年にわたって全米を震撼させ続けている連続猟奇殺人犯であることを知ってしまう。





e0117741_22150612.jpg



観終わったらすぐに頭の中から記憶が消去されてしまいそうな、、薄味な内容です。

長年連れ添った夫が殺人鬼かあ・・・・そう、殺人鬼・・・・

で・・・、終わりかい!


みたいな感じです。


なんで、、、あんた殺人鬼やねん!みたいなところは

あまり掘り下げてないし、詳しい事はよくわからないまま。


でもそんなに悪くもなかったです、
観て後悔する感じでもないし・・・それなりにまあまあ。

まあまあ大人のストーリーです。

殺人鬼の心の奥深いところや生い立ちなんかをもっと詳しく知りたい!と思う人には
物足りないけど、



まあ・・・・、これはこれで別にいいんじゃないのかな・・と思います。



でもなんか、インパクトないから忘却の彼方に追いやられていく感じ。



★注意★ 死体の写真はちょいちょいっと出てきます。あと主人公が観てる映画が怖いです。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[PR]
by emabag | 2016-11-19 22:27 | 映画 | Comments(0)





e0117741_21274663.jpg


なんだか、前回よりあっという間に時間があいてしまったせいか

登場人物がすごい年とってました、、、


レニー・ゼルヴィガー、、あんなに可愛かったのにな、年のせいじゃなく整形したからか〜
顔か変えてなければたぶん、今でも可愛かったはず。

あの悪巧みしてるような目つきが、、、どっかに消えてしまってさみしかったです、
でも声とか雰囲気はそのままだったから良かった〜。

コリン・ファースいつまでも素敵です、、、
世界中の女性の夢を叶えてくれてありがとう・・・・・、、、

このままジイサンになっていく姿にも期待してます。

リアルタイムでコリン・ファースの映画見て私も年を重ねられて幸せです〜



笑えるシーン多くて、、顔がほころびっぱなしでした。
おもしろくて楽しくて最後はほっこりハッピーエンドで、、
良かったです。

話は単純だけど、随所にイギリスの毒のある笑いがちりばめられてるのが魅力かなあ。



でも、マークとブリジット、もはや孫が生まれる事で奔走してるようにしか見えなかったな。


いちおう設定としては40代前半ということらしいけれど・・・


でも今後はそういう中年のラブコメディーみたいなん増えるのかもな・・、
人類の寿命も伸びてるし・・・医療も進歩してるし。






これから100年後の世界はどうなってるんだろうな・・・



と、ふと

遠い未来の事考えてしまう映画でした。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



[PR]
by emabag | 2016-11-17 22:00 | 映画 | Comments(0)

恐怖ノ黒電話

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『dot the i ドット・ジ・アイ』のマシュー・パークヒル監督によるホラー。離婚を機に環境を変えようと引っ越して来た女性・マリー。新しく暮らすアパートには回線の繋がった古い黒電話が据え付けてあった。そこへ謎の人物から着信が入り…。







恐怖の黒電話・・・・・


タイトルだけ見たら絶対つまらん!!っていう感じなのですが

意外とよかったです。

暗くて不気味で不思議で怖い、、、、、

この映画を好き!ていう可能性のある人をあえて遠ざけるようなちょっと悪意のある邦題。


いちおうホラーと思うのですが
血とかえぐい描写は特にないのでそういうの苦手な人(私)も大丈夫です。

でも電話口にオバちゃん出てくるのですがその人ちょっとかなり怖いので、、、

寝る前に見ると悪夢見そう。

声だけで怖い、悪意に満ちたオバちゃんです。


よくよく考えたらこんなオバちゃんいたら怖い!!!
でも、いそう。

近所にいそう!!




というようなじわじわくるちょっと地味な、

地味だけど怖い、

怖いけど不思議、


なかなか魅力的な映画です。


たぶん、このまま変な邦題つけられて隅っこに追いやられるのはもったいない!映画です。



テレビドラマ化してもちょっとおもしろそう。


過去からの電話とか現在が変わってしまう!・・ていうのはパターンとしてありがちかもしれないけど

電話の向こうのオバちゃんが強烈に病みすぎてて怖い、ていうのは目新しい感じしました。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




[PR]
by emabag | 2016-11-15 14:53 | 映画 | Comments(0)