ウツミエマ 1977年大阪生まれ 猫と映画と海外ドラマ好き


by emabag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:映画( 199 )






e0117741_21274663.jpg


なんだか、前回よりあっという間に時間があいてしまったせいか

登場人物がすごい年とってました、、、


レニー・ゼルヴィガー、、あんなに可愛かったのにな、年のせいじゃなく整形したからか〜
顔か変えてなければたぶん、今でも可愛かったはず。

あの悪巧みしてるような目つきが、、、どっかに消えてしまってさみしかったです、
でも声とか雰囲気はそのままだったから良かった〜。

コリン・ファースいつまでも素敵です、、、
世界中の女性の夢を叶えてくれてありがとう・・・・・、、、

このままジイサンになっていく姿にも期待してます。

リアルタイムでコリン・ファースの映画見て私も年を重ねられて幸せです〜



笑えるシーン多くて、、顔がほころびっぱなしでした。
おもしろくて楽しくて最後はほっこりハッピーエンドで、、
良かったです。

話は単純だけど、随所にイギリスの毒のある笑いがちりばめられてるのが魅力かなあ。



でも、マークとブリジット、もはや孫が生まれる事で奔走してるようにしか見えなかったな。


いちおう設定としては40代前半ということらしいけれど・・・


でも今後はそういう中年のラブコメディーみたいなん増えるのかもな・・、
人類の寿命も伸びてるし・・・医療も進歩してるし。






これから100年後の世界はどうなってるんだろうな・・・



と、ふと

遠い未来の事考えてしまう映画でした。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



[PR]
by emabag | 2016-11-17 22:00 | 映画 | Comments(0)

恐怖ノ黒電話

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『dot the i ドット・ジ・アイ』のマシュー・パークヒル監督によるホラー。離婚を機に環境を変えようと引っ越して来た女性・マリー。新しく暮らすアパートには回線の繋がった古い黒電話が据え付けてあった。そこへ謎の人物から着信が入り…。







恐怖の黒電話・・・・・


タイトルだけ見たら絶対つまらん!!っていう感じなのですが

意外とよかったです。

暗くて不気味で不思議で怖い、、、、、

この映画を好き!ていう可能性のある人をあえて遠ざけるようなちょっと悪意のある邦題。


いちおうホラーと思うのですが
血とかえぐい描写は特にないのでそういうの苦手な人(私)も大丈夫です。

でも電話口にオバちゃん出てくるのですがその人ちょっとかなり怖いので、、、

寝る前に見ると悪夢見そう。

声だけで怖い、悪意に満ちたオバちゃんです。


よくよく考えたらこんなオバちゃんいたら怖い!!!
でも、いそう。

近所にいそう!!




というようなじわじわくるちょっと地味な、

地味だけど怖い、

怖いけど不思議、


なかなか魅力的な映画です。


たぶん、このまま変な邦題つけられて隅っこに追いやられるのはもったいない!映画です。



テレビドラマ化してもちょっとおもしろそう。


過去からの電話とか現在が変わってしまう!・・ていうのはパターンとしてありがちかもしれないけど

電話の向こうのオバちゃんが強烈に病みすぎてて怖い、ていうのは目新しい感じしました。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




[PR]
by emabag | 2016-11-15 14:53 | 映画 | Comments(0)

ジェイソン・ボーン




e0117741_21511378.jpg


なんだか久しぶりに映画館行ってきました、、



マット・デイモンはちっさな画面で見てると「ポテト」みたいな顔した、やや若干どことなくアメリカの田舎にいそうなモサッとした男性に見えなくもないですが(私だけか)

大画面で観るとなんやら知的で深みがあってかっこよく見えてくるという、、、




という訳で、、、ジェイソン・ボーンはまた映画館行かなきゃなるまいな、ちっさい画面で見るわけにはいかないな、、と思いました。
でも前のシリーズが面白すぎたんだと思うけど
今回のは一番つまらんかな。

前シリーズの「私は誰!!ここはどこ!?どうしても解明しなければ!」ていうあの混沌とした不安と緊迫感を越える事は出来ないか、、

それにしても異国で道に迷わずすぐ行動できていいな、あんな人ごみで敵をすぐ確認して次の行動に出られるってうらやましい、

訓練したらあんなすごい人になれるんかな。


ラスベガスのカーチェイスが、、車10台以上?なんか一気に吹き飛ばしてたシーンが良かったです。
あのシーンが無かったら、ちょっとダレてたかも。
ぐるぐる走ってるだけだと、、


ヴァンサン・カッセルよかったです。

でもジェイソンのお父さんを殺したのがヴァンサン???なら
そんな逆恨みしてる場合じゃないような、、、

ちょっとお互い落ち着いて話し合った方が良いような気がしたけど
無言で殴り合いに突入したので発言するヒマ無く殺されたな・・。

まあ、、、なんかいろいろ思う事はあるけど
またボーンシリーズ観られて嬉しいです。

マット・デイモン年とったけど、、まあ、まだボーンいけそう。

でも、、、、これ以上何のために戦うのか、

どう話を広げていいのか想像つかない。

でも、観れるものならまたボーンを観たいという思いはある。。


あと、あのテーマソングが素晴らしくて気分が盛り上がるのはよくわかるけど、


なんかちょっと内容がいまいちだと、歌もまたいつも同じか・・・ていう気分になる。





:::::::::::::::::::::::::::











[PR]
by emabag | 2016-10-19 22:27 | 映画 | Comments(0)

ドン・ジョン



内容(「キネマ旬報社」データベースより)

理想の愛をめぐって対立する男女を描くジョセフ・ゴードン=レヴィットの初監督作。夜毎違う美女を“お持ち帰り”するも満足できず、ポルノ鑑賞が止められないジョン。ある日、彼はクラブで出会ったセクシー美人・バーバラにひと目惚れし…。

e0117741_21314925.jpg

ジョセフ・ゴードン=レヴィットもスカーレット・ヨハンソンも
ジュリアン・ムーアもみんな好きな俳優だったから顔見てるだけで楽しめました〜



これ、全く好きな俳優じゃなかったらどうだったかな・・
ただでさえB級な感じだから
好きじゃないとかなりB級かな。

夜ごとポルノ鑑賞に励む姿がなかなか素敵です。
全く嫌みもなくサラリとしてる。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットの顔もサラッとしてるからか、
でも顔に知性があるからか、
どっちにしても何してても魅力的な人はいいですねえ〜


ジュリアン・ムーアと出会って「本物の愛を知る」のはいいけど

最後らへん、バタバタと駆け足で終わってしまったような・・・・

まあ、なんか軽い映画だけど
若い頃観るといいかも、、



スカーレット・ヨハンソンもじっくり鑑賞できて良いです。




★注意★

軽いコメディタッチですが、ポルノシーンが多いです、
大人の映画です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






[PR]
by emabag | 2016-10-13 21:49 | 映画 | Comments(0)

プリティベイビー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『さよなら子供たち』のルイ・マル監督が、タブー視される少女売春を取り上げたドラマ。17年、ニューオーリンズ。売春宿の娼婦たちに魅せられたベロックは、12歳の少女娼婦・バイオレットの不思議な魅力の虜になっていく。“ハッピー・ザ・ベスト!”。

e0117741_22221747.jpg


昔はこんな映画が作れたのですね、、
今じゃ無理っぽい。

12歳の少女の全裸は完全にアウト、、と思われますが

でも、この映画の全裸はただの全裸じゃない!!

ものすごくこの全裸は語っています、

全裸でしか語れない物語です。

、、、、ということでなかなか良い映画です、

昔のアメリカの娼館ってこんな楽しそう(表面だけ)

時代の違い、風俗の違いを見るだけでもおもしろい映画です。


名作だと思います、

スーザン・サランドンも脱いでますがキレイです。

脱ぐ価値のある映画です〜





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


[PR]
by emabag | 2016-09-25 22:33 | 映画 | Comments(0)





e0117741_20161344.jpg

ウェイワードパインズ、シーズン2ですが
おもしろいです。。

ファーストシーズンのあのマット・ディロンの散々な苦労は一体なんだったんだろうな、

かわいそうにな。

結構な重要人物〜?と思われる人がわりと

ちゃっちゃと死んでいきます。

この人殺したらかわいそうかも〜・・・っていうのもナシ?な感じで

その点、わりとドライでこざっぱりしてるかな。

内容も「不思議な町」から「SF」そして『ドロドロした人間の恐ろしさ」へと移行。

そしてシーズン2は

「アバター」??のような、、少し反戦?とか強いメッセージ性を感じる展開へ・・

まだ最後まで観てないのでなんとも言えないけど、、


なんだかおもしろいです。



ピルチャー役の俳優さんが何とも言えないインパクト。
観てて上手いことイラっとさせてくれる、
良い俳優さんです〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





[PR]
by emabag | 2016-09-04 20:36 | 映画 | Comments(0)

ザ・パス(TVドラマ)



e0117741_15203086.jpg




まだ3話目くらいしか観てないけどおもしろいです
上の画像、最初ぱっと見たところ、右の人物(ヒュー・ダンシー)の目が宇宙人みたいに見えて
勝手にSFかな?宇宙人の話かなと思ってました。

観はじめたら、、、ちがう!カルトの話です。


カルト・・・

私はカルトに入信した経験が無いので全く知識はないのですが

カルトとはなんぞや?という興味はあります。

日本の場合、国も小さいし、せせこました環境の中で生きなきゃいけないので
カルト・・・といってもどんなスケールなのかわからんですが


アメリカはスケール大きそう。


ハリケーンなんかの災害の後、
すぐにカルト集団が駆けつける?という発想はこれ観るまで無かったです。

「ハンニバル」の時のヒュー・ダンシーは気が滅入ってあんまり好きじゃなかったけど
「ザ・パス」のカルトのリーダー役は良いです〜

繊細で危なっかしい感じがピリピリした緊張感伴って魅力的です。。



しかし、カルトとか宗教とかに依存したら楽かもしれないですね〜
なんでも教祖の言う事聞いてたら良いというのは・・

自分で判断して、立ち向かい戦い、転んでまた立ち上がる、、、という人生の困難を回避できるというか

きっと居心地いいんだろうなあ、

変に疑問さえ持たなければ、の話だけどな〜

私なんかいつも、あれやこれや疑問を持つから

なかなか宗教とかには向いてないかな。



:::::::::::::::::::::::




[PR]
by emabag | 2016-09-03 15:38 | 映画 | Comments(0)

リベンジ(TVドラマ)


ファーストシーズンだけ観てすっかり忘れてた」「リベンジ」
遅ればせながらファイナルシーズンまで一気に観ました〜


私はノーランファンだったんですが、、ノーラン途中でキャラ設定変わった??ような。
途中まで服装もおとなしくゲイじゃなかった?のかバイセクシュアル?なのかよくわからんかったけどな。

シーズン3から?だったか、急に「完全にゲイです!!!!!」ていう感じになったな。
服装がギラギラしたゲイファッション??になっていって毎回楽しみでした。

ヘアスタイルも途中からスタイリッシュに。

背が高いからなんでもホイホイ着こなせていいですね。。






e0117741_13500710.jpg

いや〜、そんなノーラン私は好きです・・

なんか次から次へといろいろあっておもしろいドラマだったです。

デイヴィッド父さんが男前なのに思いのほか頭のキレが悪くて、、ちょっと残念。


ヴィクトリアが強烈だったのでもう見れなくなるのが残念です。

ヴィクトリアのフィギュアとか、、なんかグッズがあれば欲しいです。

ヴィクトリアの微笑みが怖くて忘れられません。。






e0117741_13371162.jpg

[PR]
by emabag | 2016-08-26 13:45 | 映画 | Comments(0)

笑った、、、


正直、こまかい英語は理解できないのですが・・・・

理解しないままでもかなり笑った。

ざっくりした内容はゲストにマイケル・ジャクソンを迎えた番組・・・ということだけなんですけど


マイケルさん、整形疑惑がありますね!子供の頃からだいぶ顔変わりましたね〜♪

みたいなことを言ってると思うんだけど。。。

すごいセンスだな、、イギリスのコメディって。

ツボでした〜!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



[PR]
by emabag | 2016-08-13 22:52 | 映画 | Comments(0)

I AM CAIT(TVシリーズ)

e0117741_22314289.jpg

元オリンピックの金メダリスト(だったかな?)でカーダーシアン家のリアリティショーに出てたパパが女性になったという、、、

60代の男性でもお金かけたら結構なクオリティの女性になっててびっくり。
お金ってすごいな・・・というか、
まあ、もともとなんかわりとハンサムな男性だった?らしいからたぶん
良かったのか。

でも若い時ならまだしも60代でここまできれいになれたら本望だろうな。
背も高いから妙に迫力あるしな。

庶民とはかけ離れてるので「みんなもがんばろうね♪」とはなかなか単純に思えないだろうけど
でも・・・まあ、同じ問題で悩んでる人にとっては朗報なんだろうな。

とはいえ、アメリカでもなかなか心と体の性が一致しない問題を抱えて苦しむ人が多いという事なので
まだまだ日本でも大変だろうな〜

外見が美しくてお金があるとわりと良いのかもしれないけど
外見に恵まれずお金も無いとなると大変苦しい道のりだろうと・・・


やっぱりお金か、地獄の沙汰も金次第。


なんかいろいろ考えさせられるTV番組でした〜






[PR]
by emabag | 2016-08-11 22:49 | 映画 | Comments(0)