ウツミエマ 1977年大阪生まれ https://utsumiema.jimdo.com/


by emabag

<   2011年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2011年も終わり

みなさま今年もどうもありがとうございました!
おかげさまで無事一年過ごせました。
お世話になったお店の方、サイトいつも見てくださる方、ご購入いただいたみなさまに心より感謝申し上げます。


来年は35歳です。
子供の頃、35歳は大人だと思ってたけど・・・なんも大人じゃないですね・・
心はまだまだ幼稚なんですが・・でも外見も老けていくので・・・
大人の女性を目指してがんばります・・。

2012年の目標

★衝動買いをしない。
★貯金を・・100円でも良いからする。
★海外旅行へ行く(近場でいいから・・)

↑独身なので・・・自分のことだけ考えればいいって感じなんですけどね・・。

できればイギリス行きたいんだけどなあ。今年はオリンピックでしたっけ??
お金ないからアジアでもいい・・。


良いお年をお迎えください。
[PR]
by emabag | 2011-12-31 12:35

人形

e0117741_15585285.jpg


急に思いついて作ってみた・・・
けっこう大きいです。
大きいからけっこう怖いです。
たぶんだれも買わなさそう・・・夜中怖いもんなあ・・
[PR]
by emabag | 2011-12-30 16:01

また本の感想

女優

春口 裕子 / 幻冬舎


虚栄心の塊みたいな主人公の葛藤がおもしろい・・。
私はあんまり女性のたくさんいるグループとかに属したことないので(いっつも輪から離れてるから)こういうドロドロした怖い友情関係は知らないんですけどたぶん世の中こんなんだろうな~きっと、とは思う・・。
よくカフェとかで女性が5人くらいで楽しげにワイワイ騒いでるの横で聞いてると微妙に怖い。
あ~心の中で本当はどう思ってるんやろ~って・・。
私も人のこと言えないけど、私も怖いんやろうけど、きっと。

でもこの小説、ラストで主人公がいじらしくて良い人に思えてくる。


ユリゴコロ

沼田 まほかる / 双葉社



最初は気色悪い、暗い・・なんか・・どろりとした嫌な感触ではじまるけど
後半・・というかもう最後あたりは最初とぜんぜん違ってぱあ~っと明るい陽が射してきていつのまにか違う小説間違えて読んでしもたんかなと思うくらい雰囲気変わる。
ラスト・・・・・なんかふわっとした感激に包まれる・・みたいな。

あの・・最初の不穏な気配・・気持ち悪さ、ホラー要素はどこへ消えてしもたんですか~
不思議やわ~・・・
狐につままれたで。
[PR]
by emabag | 2011-12-29 21:26
ご入金くださった方どうもありがとうございます、
発送済みですのでお手元に届くまでもう少々おまちください。


もう今年も終わりですね。
来年は35歳です・・・。

私は本屋さんをよく布絵にしてますが
本好きなので・・・びっしりつまった本棚のイメージはいままで私が読んできた本のイメージです。
なので本についてちょっと書いてみようと思います・・。

小学生の頃は図書館が大好きで・・・
「世界の怖い話」
「世界の残酷な話」
「世界の悲しい話」

↑こういうのに目がない子供でした。
そのかわり
「世界の愉快な話」とかは完全スルー。

「私は死にたくない」という本を借りたとき。
図書館のおばちゃんが感激して「まあ、この本読むの!!私が大好きな本なのうれしいわああ」と言いました。どうもナチスの迫害から逃れようとするユダヤ人少女のかわいそうな話だったらしく・・
私はただタイトルだけ見て怖い話だと思ってワクワクしながら借りたんですけど・・。
まあ・・なんかそういうネガティブなタイトルの本を好む子供でした。
悲劇も大好きなのでゴールズワージの「林檎の木」なんて大好きでした。
「嵐が丘」も暗くて好きだったなあ。


私が16歳の頃、クラスメートのKさんが貸してくれた山田詠美さんの「僕は勉強ができない」という小説。
自分じゃ絶対手にとってみようと思わないタイプの本だったから読んだとき衝撃的でした。
さらさらと素足で揺れるアンクレット・・???そんな大人の世界を読んでぽか~んとしてたなあ。
アンクレットってなんや?みたいな。
で、さっそくアンクレット買いに行ったけど似合わんかったよ・・私には。
足太いから・・・。
クラスメートのKさんは華奢な美人さんだったのでアンクレット似合ってましたで。


私が17歳の頃、35歳の女性の方が森瑤子さんの「カフェオリエンタル」をくれました。
もう読み終わったからあげるわ~と言ってくれました。
それまで森瑤子さんの本読んだことなくて、どんなやろ~と思って読んだんですがけっこうおもしろかった(たぶん今ほど大人の事情を理解せずにいたと思うけど)
あれが森瑤子さん大好きになったきっかけかな・・・。
19歳か20歳で「情事」を読んだときもびっくりしたなあ。
女性が欲望をこんな風に吐き出していいんやな~と思って・・・すごく印象的でした。


東京にいた20代前半は・・なんかいろんな人の影響もあってかいろんな本を読んでたかな・・。
バイトの休憩時間とか電車の中とかいろいろ読んでました。
その頃は日本の作家の本読むのが楽しかったかな・・。
夏目漱石とかかっこつけて読んでたけど読むと意外とはまったりして。
「こころ」とか「行人」はすごい感動しました。
同じくバイト先にも「こころ」が大好きっていう人がいて・・20前後はそういうのに目覚める時期なんでしょうか。
仲良くしてる人が本好きだったせいもあって今の何倍も本読んでたなあ。
都会だと人目もあるし・・「私こんな本読んでるねん、個性的やろ~」みたいなアピールもしたかったのかな、若かったからなあ。
今思うと笑えるけど・・バイト先の人が四十八手のイラストいりの不思議な本を貸してくれたことあったなあ・・・・。

まあでもなんだかんだで最近の一番のお気に入りはカズオイシグロさんの「私を離さないで」です・・。

わたしを離さないで

カズオ イシグロ / 早川書房


子供の頃の印象的な本はロバート・ウェーストールさんの児童小説「かかし」です。

かかし

ロバート ウェストール / 徳間書店



↑これは本の最後の作家さんのアドレスが書いてあって手紙を出すとイギリスからお返事いただけました!
残念ながらもうお亡くなりですが・・私が14歳の頃はご健在でした。
イギリスの全寮制の学校で暮らす少年のなんか妄想の物語なんですが怖くてどきどきもんでとてもおもしろいです。
[PR]
by emabag | 2011-12-28 18:56
オンラインショップのご注文いただきどうもありがとうございます。
ご入金くださった方、明日発送いたします。
もうしばらくお待ちください。

シルビアのいる街で [DVD]

紀伊國屋書店


ストラスブールを舞台に・・6年前に会ったシルビアさんという女性を探して街をさまよう、モデルさんのようなキレイなにいちゃんの話。

シルビアさんを追い回すにいちゃんは軽いストーカーっぽいけど、顔がキレイなのと街がキレイなのでストーカーっていうより繊細で美しい詩のような光景・・。
・・・で街中歩き回るからすごいカロリー消化してそう・・ストーカーダイエットみたいなかんじ。

台詞も少なくてストーリーも地味だけど私は好きです。
なんか・・ともかくキレイな映画なので目の保養になります・・ず~っと一日中流しててもいいなあと思う映像美です・・。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



XMENは・・・過去になんか映画館で見た気もするけどよく覚えてなくて・・・よく覚えてないのにこれ見ちゃったから
あんまりよく登場人物がわからないけど・・・なんかそれなりにまあまあおもしろかったです。
でもちょっと最後早送りで見ちゃった・・。
たぶん私がアメコミとかヒーローものとか飛んだり跳ねたりするの好きじゃないからかなあ。
ちゃんと登場人物把握してから見たらいいのかもしれないです。
なんやら友情が破綻して宿敵になった・・??みたいな話らしいですね・・・。
[PR]
by emabag | 2011-12-27 10:08 | 映画
e0117741_144346.jpg
e0117741_14431318.jpg


e0117741_14243960.jpg

e0117741_14251610.jpg

e0117741_1429954.jpg

e0117741_14292597.jpg
e0117741_14293471.jpg

e0117741_14375288.jpg
e0117741_1438446.jpg

e0117741_14381655.jpg

e0117741_14384444.jpg

e0117741_14391594.jpg

e0117741_14393714.jpg


前にも書いたのですが
髪をひっぱり合いの喧嘩の着想は私が小学4年くらい?の頃の思い出です。

ある日・・・仲良しの友達と道を歩いていたら・・道に千円札が落ちてました。
「あ~千円や~」って言いながら私が拾おうとしたそのとき、仲良しの友達が・・無言で私に飛び掛り千円札を奪おうとしました。別に独り占めしようと思ってたワケじゃないんやけど襲われそうになった以上私も抵抗し・・なんか2人で無言で転げまわるという・・・無残なことになりました。
・・・で、そのときの思い出って大人になった今でも笑えるんやけど同時に人間って怖いなあという教訓でもあり・・なんか忘れられないです。
なので・・それをどうしても今でも絵にしたりしてみたくなるという・・そんなかんじです。

道に千円札って・・もうそれってネタちゃうん?って感じなんですが実話です・・。


ラジオ・キラー

セバスチャン・フィツェック / 柏書房



前作の「治療島」がおもしろかったのでこれも読んでみました。私としては治療島のほうが暗くて怪しいので好きかな~。ラジオキラーはちょっとハリウッド映画っぽい展開で最後めっちゃハッピーエンドなのがいまいち・・。
途中で読むのやめようとは思わなかったので次がどうなるのか・・気になって最後まで読めました。
でもやっぱり「治療島」のほうがよかったなあ。



図書館行って本借りてきました。でもややこしい本読む気になれないので楽そうな本借りてきました。
読んだことないしおもしろいかわからないけど中山可穂さんの「マラケシュ心中」マラケシュって言う響きに惹かれただけやけど・・
一応読んでみます・・。
岩井志麻子さんの読んだことない本があったので借りてみた・・「ぼっけえ恋愛道」とかいうの・・・。岩井志麻子さんほんとおもしろいなあ。
「5時に夢中」とか見たいけど長野県では放映されてません・・
[PR]
by emabag | 2011-12-24 12:32

納品

e0117741_21141539.jpg
e0117741_21144145.jpg

納品できました・・東京青山のプレインピープルさん。
不機嫌チャイルドキャンドルです。
破損してなければいいけど・・。

さて・・明日からオンラインショップの準備します・・。
[PR]
by emabag | 2011-12-23 21:16

ブローン・アパート

ブローン・アパート [DVD]

Happinet(SB)(D)



ユアン・マクレガーってカッコいいはずやのにいっつも30分くらいで見てて飽きてくる・・。
顔がず~と同じって言うか・・・どこからみても同じ・・。
何言うてても同じ表情・・。
ユアン・マクレガー・・・・でも人気あるみたいなのでそう思ってるの私だけか~・・・。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

オンラインショップそろそろ出せるかと思いますが24日のイブとかよりは25日くらいがいいでしょうか・・
いちおう25日の夜くらいにはオンラインショップ出しますね。
もし間に合わなかったら26日になるかもしれません・・すみません。
[PR]
by emabag | 2011-12-22 21:00 | 映画

アジャストメント

アジャストメント [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル



ふ~ん・・へ~・・あ、そう・・・で終わってもうた。

運命の調節するオッサンら間抜けすぎ。
右往左往してたわりにはあっさりそんで終わりかい!!みたいな。

そんなんやったらはじめからもうほっといたらいいのに・・。
あの黒人の運命調節人の人も手のひら返すの早いなあ・・。

マット・デイモンの顔がラブストーリー似合わない・・。

映画館に行き損ねて正解だったなああ・・・。
[PR]
by emabag | 2011-12-19 19:48 | 映画
無理やりかぶせた帽子で表情が凍りつくネイネイ。
e0117741_1851367.jpg

高円寺のアリスと豆の木さんにキャンドル納品しました。
e0117741_1852068.jpg


続いて青山のプレインピープルさんにも納品予定です。

オンラインショップもう少しお待ちください!!!

黒猫バッグは明日発送予定です。

よろしくおねがいいたします。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ブルーバレンタイン [DVD]

バップ




ライアン・ゴズリングの老けっぷりがすごい・・。
でもあのカラーサングラスで隠さないと可愛い魅力的な目が邪魔して思いっきり老けられなかったのかな・・。
うまく禿げてたなあ。
 
[PR]
by emabag | 2011-12-18 18:52 | 映画