ウツミエマ 1977年大阪生まれ 長野県安曇野在住 絵は独学です。 https://utsumiema.jimdo.com/


by emabag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

秋ですね

e0117741_20422799.jpg


e0117741_20434369.jpg



今年はなかなか体調悪かったです。

年でしょうか・・・



アメリカドラマ「アンダー・ザ・ドーム」がおもしろいです・・。
3話くらいまではひたすらつまらなくてどないしよかと思ったんですが・・
途中からLOSTっぽくなってきてハマりました。
シーズン2まで見たんですが・・・次が楽しみ・・。
[PR]
by emabag | 2014-09-19 20:49 | | Comments(0)

フィリップ君を愛してる

愛に生きる詐欺師の実話を、ジム・キャリー、ユアン・マクレガー共演で映画化したコメディ。IQ169の天才詐欺師・スティーブンは刑務所で出会ったフィリップに恋をし、彼に想いを伝えるために詐欺と脱獄を繰り返す。製作総指揮はリュック・ベッソン。

e0117741_21361168.jpg



ラジオの人生相談で加藤諦三先生の心の奥底を突くような凄い数々の指摘を聞いたことが無かったなら・・・私はこの映画を「愛」がゆえの行動なのか・・・と思ったんですが・・

加藤先生風に考えると・・・まずもって一目惚れとは「愛」ではないらしい・・。
嘘つきというのも・・「嘘をつかずにはいられない」状態なんだそうで・・。
主人公の生い立ち、心情を考えるとコメディとして笑えない感じです。

私は心理学とかに詳しくないのではっきりとはわからないけど、たぶんこの主人公は「愛」で行動してないんだろうなあ〜と思いました。

そう考えるとなんだか悲しいような映画だったな・・


軽いコメディだと思って観はじめたらほんと、軽くなくて・・

なんかいろいろ考えてしまいました。


でもユアン・マクレガーのゲイぶりが意外と可愛かったです。


コメディの顔をした、コメディと思えない映画でちょっと疲れました〜
[PR]
by emabag | 2014-09-12 21:35 | 映画 | Comments(0)
ブルース・リーにいきなりハマってしまったので一気に観ました・・。
どれもこれもカッコいいですが・・私は「ドラゴンへの道」が明るくて好きです。

ブルース・リーの映画はだいたい雰囲気が暗いので・・その暗いのがもうなんともいえない魅力なんですが、明るい雰囲気のブルース・リーの魅力も捨てがたい・・。



ブルース・リーのことはよく知らないけどマニアックなファンの人はすごそうですね・・




★ブルース・リーの記念すべき本格主演第1作。荒削りながらも驚異の身体能力を生かした切れ味鋭いアクションが展開する。



前半はブルース・リーがなかなか動かないんですけど動き出したら半端無くかっちょいいです。
ちょっと初々しい感じも素敵〜

e0117741_1922848.jpg




★恩師の敵を討つため、日本人武道家に戦いを挑む青年の姿を描いた、大ヒット・カンフー・アクション。ブルース・リー、ノラ・ミャオ、ロバート・ベイカーほか出演。


日本人の描かれ方がヒドイんですけど、ブルース・リーがカッコ良すぎてもはやそんなことどうでもよくなります。



e0117741_1901588.jpg


★ブルース・リー主演による、世界を席巻したカンフー映画の傑作。裏社会を牛耳るハンの手下に姉を殺され復讐に燃えるリーは、ハン主催の武術トーナメントに乗り込んでいく。



今観てもすごいので・・昔だと衝撃的な映画だったろうと思います。
ひたすらカッコ良いです〜
漫画「浦安鉄筋家族」のネタの出所がよく理解できた映画だったです・・。

e0117741_19161693.jpg


★ブルース・リーが撮影中に亡くなったため未完となっていたフィルムに、代役による追撮と他作品のカットを加えて完成させた伝説の作品。『燃えよドラゴン』のロバート・クローズが、リーの遺志を継ぎ監督を務めた。


全体的に暗くて本人のリアルなお葬式シーンとかもありちょっと怖い雰囲気だけど・・

ブルース・リーのそっくりさんが出てきて後半まで本人出てきません。
たまに古いフィルムが出てくるけど・・


で、最後らへんに本人登場するともはや鳥肌ものです。
キレが凄まじい。





e0117741_195374.jpg

[PR]
by emabag | 2014-09-09 19:06 | 映画 | Comments(0)

夏の終わり

毎年思うんですけど、枯れかけのひまわりはなぜかスティーブン・キングの世界を彷彿とさせます・・。
e0117741_18305199.jpg


サイトウキネンのリハーサルを無料で見られるというラッキーな機会に恵まれました。
小澤征爾さんの指揮をはじめて見ました、今までこういう音楽を生で聴いたこと無かったので衝撃でした。仁山治雄さんのバレエとコラボだったので・・リハーサルとはいえ贅沢な時間でした。

リハーサルですらこんな凄いんだと・・これは本番はかなりの鳥肌ものなんだろうな・・
サイトウキネンのチケットを求める人々の情熱をはじめて理解できました。

私は正直、今まで指揮者というものの存在をあんまりたいしたことしてる人だと言う認識が無かったけど・・小澤さんの指揮を生で見てやっとこさ、指揮者とは芸術家なんだとわかりました・・。

音楽にうとい私ですが・・やっぱり超一流の音楽ってすごいエネルギーなんですね〜


e0117741_18312512.jpg



イギリスのバーガーミックスというものをネットで買ってみました。
大豆ミートにハーブとかスパイスとかはいってて熱湯かけて混ぜるとペーストっぽくなり成形が楽です。

お味は悪くないですが・・ただ・・・やっぱりお肉の方が美味しいです・・。
e0117741_18484747.jpg


e0117741_18315998.jpg

[PR]
by emabag | 2014-09-09 18:52 | Comments(2)

絶対の愛

付き合いはじめて2年になるセヒ(パク・チヨン)とジウ(ハ・ジョンウ)。セヒは彼と永遠に愛し合いたいと思うがあまり、彼はかわり映えのない自分の顔に飽きているのでは、と不安を感じはじめる。
そしてある日、彼女は整形手術を行う決意をし、彼の前から姿を消してしまう。
e0117741_15513294.jpg



声とか・・脱いだらわかるやろ〜!!って・・いろんな箇所にツッコミどころはあるけど・・・・

一番気になるのは・・

あんな恥ずかしい修羅場とかいろいろあったのに同じカフェに何度も行けるってすごいな〜て思いました。私だったら恥ずかしすぎて二度と行けないです〜


でも・・・韓国らしい、怖い映画だったです。

お面が怖すぎる!

彫刻公園も微妙に怖い。

そこはかとなくすべてが怖い。

だいたい整形の手術シーンがもう、怖い怖い・・。


フランス映画と韓国映画の共通点は、女性がぶちキレるまでの時間がとても短いことかな・・。


でも、まあ、薄気味悪さは独特で、キム・ギドクは本当に凄いんだなあていつも通りに思いました。

もう一度観たいとか思わないけど満足感でお腹いっぱいな映画です。
[PR]
by emabag | 2014-09-09 16:05 | 映画 | Comments(0)

シマ




e0117741_12531152.jpg

[PR]
by emabag | 2014-09-01 12:53 | | Comments(0)