ウツミエマ 1977年大阪生まれ 長野県安曇野在住 絵は独学です。 https://utsumiema.jimdo.com/


by emabag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

東京の展示のお知らせ


4/7〜4/19
東京浅草チェドックザッカストアさんで展示します。チェコ雑貨や絵本を取り扱ってらっしゃるお店だそうで・・私もちょっとチェコアニメ?というか東欧風?のようなものを念頭において作ってみました。
なのでいつもより外国風になってるかなあ〜・・・

また作品ブログに載せますね〜
e0117741_2139312.jpg

e0117741_21392182.jpg

[PR]
by emabag | 2015-03-19 21:43 | BAG | Comments(0)

ビッグアイズ



ちょっといまいちかな〜

わざわざ映画館行かなくても良かったかなという感じです。


すぐ忘れそう〜

でも眠くならず最後まで楽しめました。

最後ちょっと笑えたし・・。



でもティム・バートンのブラックユーモアみたいなの封印?してたんかな。

フツーの映画でした。


なんだか絵が描きたくなる気分になったです。
[PR]
by emabag | 2015-03-19 21:34 | 映画 | Comments(0)

アメリカンスナイパー



クリント・イーストウッド、80代でこの映画は凄い・・。

この映画はおおいなる矛盾て感じです。

アメリカ人スナイパー = カッコいい、でも人殺し。
子供殺す  =  悪い、かわいそう、でも仕方ない、爆弾持ってたから
銃を構える姿 = カッコいい、でも人殺すために構えてるんだから怖い
女性を殺す = 悪い、かわいそう、でも仲間を守るためだから仕方ない
たくさん殺す = ヒーロー、でも相手にも家族があるのに、、、

・・と・・言う感じで、なんか矛盾が多いです、
戦争は矛盾だらけです。


大勢殺したから偉いとか悪いとか・・・テロリストが悪いやらアメリカ人も悪いやら・・ほんとは誰が悪いのか・・・
なんだかひたすら矛盾の中の悲しさみたいなのを感じました。

おかしい、おかしい、こんなことはなんだかおかしい、正しいのか?あ〜でもおかしい・・・

というような呆然とするような矛盾、

戦争てこういうもんなのかな〜



イーストウッドの映画は良いなあ、映画館行って良かった〜
絶対的に映画館向きです。

でもR15なので、ちょっと残酷シーンありです。


でも、悲しいかな、戦争映画はわりと好きです・・・。
でも戦争は実際嫌です。

私もおおいなる矛盾を抱えてます・・。
[PR]
by emabag | 2015-03-19 21:20 | 映画 | Comments(0)


ちょくちょく眠くなってしまう箇所もありますが・・・
やっぱり直に見る絵とかテレビで見る絵とはちがって映画で見る絵は迫力がある気がします・・。
ドキュメンタリーはやっぱりでっかい画面が良いです。

額縁とか作るシーンはもう、生で見るより大画面が良いと思います。

でも、美術館は幽霊がたくさんいるんだろうなあ。
私は何も見えないのですが・・・絵を描いた人の思い、その絵を飾ってた人の思い、また美術館でその絵を眺めるたくさんの人々の思い・・・は相当な重みがあります。幽霊や妖精がウロウロしてるのが
目には見えなくてもなんだかヒシヒシと伝わってくるようでした。

若い頃、イギリスで美術館いろいろ行ってことあるけど知識無くて英語も読めなくて「豚に真珠」「馬の耳に念仏」状態でした。
唯一、ターナーの絵だけが強烈な光に満ちあふれていて「なんだ!この光る絵は!!」て感動したの覚えてます・・。



あまり今まで芸術絵画に関心無かったのですが・・・中野京子さんの「怖い絵」を読んで最近は絵画に興味出てきました。
やっぱり、絵って・・・知識が無いまま見るとつまらんです。
ちょっとでも知識があると途端に世界が変わります。
時を超えた時間旅行のよう、何百年も前に生きた人に出会うような、わくわくした気分になるのです。

もっと知識身につけてヨーロッパ絵画を見たい〜。
[PR]
by emabag | 2015-03-03 21:25 | 映画 | Comments(0)