ウツミエマ 1977年大阪生まれ 長野県安曇野在住 絵は独学です。 https://utsumiema.jimdo.com/


by emabag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

<   2016年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

冬の終わり

e0117741_22165129.jpg


冬の終わり、春が来る前の森で採集したもの。
色が薄くてやっぱりまだ春じゃないって感じ。











・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by emabag | 2016-02-28 22:19 | Comments(0)

居心地の悪い部屋

内容(「BOOK」データベースより)
うっすらと不安な奇想、耐えがたい緊迫感、途方に暮れる心細さ、あの、何ともいたたまれない感じ―。心に深く刻まれる異形の輝きを放つ短編を集めたアンソロジー。
e0117741_21402069.jpg



居心地の悪い部屋

角川書店(角川グループパブリッシング)



「ヘベはジャリを殺す」は短くてわけわからん話だけど、たぶんジョセフ・ゴードンレヴィットあたりの俳優となんか耳ざわりの良い音楽で映像化したらなんか
スタイリッシュでかっこいい雰囲気になるかもな・・・・ていう感じもした。

でも・・・ヘベ?とかジャリ?とかってどういう名前なのか・・
白人じゃないのかな。

まあ、とにかくなんも説明もない話なので想像力たくましくないとどうしようもない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「やあ!やってるかい!」はCSIとかクリミナルマインドに出てくる犯人っぽい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ケーキ」もどちらかというと映像化したらなあ思いました。
棚中に並べたアイシングたっぷりのケーキ。
窓の向こうに無表情な犬と猫・・。
不思議な映像になりそう。


::::::::::::::::::::::::::::::

ジュヂィ・バドニッツという作家の「来訪者」という短編がツボでした。

道に迷った夫婦と、家で待つその娘との電話の会話なんだけど、
道に迷った夫婦の言動がだんだん妙になってくる・・・と。


なんとなく随分前に観た「レス」という映画を思いだしました。
この映画はB級で映画始まって速攻オチもすぐわかってしまうのだけど、なんともいえない雰囲気があって私は好きです。
じわじわ来る恐怖、押し寄せる不安、果てしない暗闇。
なんか私も方向オンチでよく車で道に迷ったりするのでこの手の話は恐いです。

「来訪者」の場合、完全なるオチとかないので読者の想像にまかせられると思うけど
ところどころに「あ」て思う部分があり怖いな〜と思います。

-less[レス] [DVD]

クロックワークス



↑写真は怖い感じだけど、この映画はそんなに目を覆うようなシーンは無かったように記憶してます。後味よい話ではないけど、私の中のB級ミステリ&ホラー映画ランキングでは上位に食い込む感じのお気に入りです・・・。




「居心地の悪い部屋」という本は全体的にみんな短い話なので読みやすく、それぞれおもしろかった。

ただ、最後の「喜びと哀愁のトリビアクイズ」だけは野球オンチの私には読みづらかった。





::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by emabag | 2016-02-27 22:10 | | Comments(0)

クリムゾンピーク


e0117741_21254114.jpg



ホロウクラウン見てすっかりトム・ヒドルストン(以下トムヒ)にハマってしまったので映画館行ってきました。

ちょっと前に観たオデッセイに出てたジェシカ・チャスティンが雰囲気全然違っててびっくり!
ミア・ワシコウスカはいつ見てもなんか優等生というか、ブレがなくて期待を裏切らない安定した演技と存在感というか・・・だんだん大人の魅力みたいなのが加わってきて楽しみです。。


ギレルモ・デル・トロの映画ってこれ入れて3本しか見てないけど
なんか痛い描写が好きなのかな・・・

洗面器に頭ぶつけて殺すシーンとか・・・ぶつけるだけで十分なのにな〜

そんな頭半分割れるとこまで詳しく映さなくてもいいんじゃ・・・とついつい思うな。

トムヒの顔にナイフ突き刺さなくても・・・・痛い・・見てて痛くなる。

でも・・・映像奇麗で良かったです。
天井に穴あいてて寒そうな家だったけどゴシックな雰囲気満点で・・映画館で見ると
すごい満足です。
         
トムヒも美しかったので満足でお腹いっぱいです。


あ、でもひとつ残念なのは幽霊がCGだったから。。。。
CGの幽霊絶対的に怖くないのよな〜



:::::::ネタバレあり・・・・・・・・



ラストのあたり、粘土掘削機が動き出した時点で私の頭の中ではスプラッター注意報が出てて

これは・・・大量の血しぶきを見る事になる心の準備をせねば・・・と思ったけど

そんなんならんかったな、

スコップで殴って終わりだった。ホッとした。


でも・・・刃物もって「きえええええ!!!」て叫びながら追いかけてくるの怖かったな・・・。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by emabag | 2016-02-26 22:09 | 映画 | Comments(0)

お近くの方はぜひお立ち寄りください。
また作品画像載せます〜

e0117741_2254375.jpg

2016年3月2日(水)~4月4日(月)安曇野コミューンチロル

石田恵美・伊藤陽・ウツミエマ・大原良介・岡本洋子
片瀬智子・金井三和・久保田亜矢・小久保隆司・星野秀太郎
前出佳与・松浦あかね・マリエ・望月信幸・山崎通子


長野県安曇野市豊科南穂高5089-1
TEL:0263-72-3322
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜日
駐車場:あり。

e0117741_2262820.jpg

[PR]
by emabag | 2016-02-25 22:08 | BAG | Comments(0)

フレンジー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ハリウッドで活動していたヒッチコックがイギリスに戻って製作した猟奇サスペンス。絞殺魔による連続殺人が頻発するロンドン。元妻を殺されたリチャードは容疑者となってしまい…。
e0117741_22155135.jpg



ヒッチコックは詳しくないのでこの映画がどうか・・・と言われると
まあ、普通のサスペンスかなって感じ。

ただ、女の人が殺されるシーンでアパートの閉まったドアからからどんどんカメラが引いて行って
賑やかな通りまで出てくるシーンが印象的だったです。


・・・・・・・以下ちょっとネタバレ・・・・・・・・・・・・・・・・・





できれば・・・ホントにできたらちょこっとだけでも犯人から観客への一言が欲しい。

「僕がなぜこんな犯罪を犯したかって?アハハ!それは◯◯が◯◯◯だからさ!!」

みたいな、なんか言い訳でも身の上話でもいいからなんか言うてくれ〜って思いました。

ヒッチコック的には「なんも言わんでええやろ!」という判断だったのかな〜

いや〜ぜひ聞きたかったわ・・・変態の言い訳を。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by emabag | 2016-02-24 22:35 | 映画 | Comments(0)

永遠の愛に生きて

童話作家C・S・ルイスとその妻の実話を映画化した大人のラブストーリー。監督は『コーラスライン』『ガンジー』のリチャード・アッテンボロー。
-- 内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)

e0117741_21582724.jpg


日本語の予告編ないみたいです。



ナルニアシリーズを書いた作家の知られざる(有名なエピソードなんか?よくわからんけど)愛の裏話?みたいなんです。

でも・・なんか不思議と、アンソニー・ホプキンスの顔が時々「人肉食べそうなヤバいオッサン」
のような表情になったような気がしてならない・・・

いや、そんな映画じゃないって!!って頭ではわかってるのになんとなく
「いつ、人肉食べようとするのだろう・・・」っていう不安がチラリと頭の隅をかすめてしまう
不思議な気持ちになりました。


まあ、それは置いといて・・・



映画はイギリスの香りいっぱいで田園風景もきれい。

最後のシーンは美しすぎて胸がジーンとなったです。

見る人によっては退屈かもしれないですが私は好きです。

何も知らなかったのでなんだか勝手に「ナルニア」書いた人はフツーのオッサン・・・ていう
おおざっぱなイメージだったので映画見て良かったです。


アンソニー・ホプキンスはこの映画の1993年当時、すでに頭禿げたオッサンだけど、全身からなんだかすごい「知性もってます、品格あります、大人の紳士ですオーラ」出てて素敵です。

こういうオッサンというかジイサンは佇むだけで絵になるな。




BBCドラマ「チューダーズ」にクロムウェル役で出てた俳優がめっちゃ若くてちょい役で出てたのと、アンソニー・ホプキンスの弟役がBBCドラマの「シャーロック・ホームズ」のワトソン役の人だった。

あとは知らない顔。


shadowlandsっていう英語タイトルの方がなんか良いような気がするけどな。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by emabag | 2016-02-23 22:36 | 映画 | Comments(0)

クレイマー、クレイマー

内容(「Oricon」データベースより)
ダスティン・ホフマン、メリル・ストリープ主演で贈る、父子家庭、女性の自立といった現代社会が抱える家族の問題をヒューマンな視点で描いた、アカデミー賞5部門受賞の珠玉のドラマ。

e0117741_22485067.jpg



日本語の予告編どこにあるのかわからなかった、





昔からタイトルだけは知ってたけどなんか見ないままでいた映画。
しかも勝手になんか陽気な家族のドタバタコメディと勘違いしてたな。

クレイマー、クレイマーてなんか人の名前かなあとか思ってたしな、ケンちゃん、ケンちゃん・・・みたいな。

もうなんか見てみたら全然違う、シリアスな映画でした。。

原題はクレイマーvsクレイマーだそうで、ああ、なんかvsが入るとやっと意味わかった。
クレイマー対クレイマーということなんでしょうか、

その昔、日本で「クレイマー」ていう言葉は今ほどメジャーじゃなかったのと違うんかな。
これで入ってきたんかなああ???



↑↑↑

アホな感想書いてしまいました。一夜明けて考えて検索してみたところ、やっぱりクレイマーは人の名前だった〜
でも・・まあ、こんなアホな勘違いする人もいる・・ということで残しておきます011.gif

ダスティン・ホフマンあんまり知らんけど若かった。
なんでか知らんけどダスティン・ホフマンの笑顔がどうも好きになれない・・・。

それはそうとメリル・ストリープきれいすぎた。
若い時は妖精みたいで年をとってもチャーミングって・・・・
たぶん頭よくて心も美しくてさらに知性もあるんかな、だからず〜っときれいなんかな。


そんなこんなで・・・・

今はもうこんなことめずらしくないけど・・一昔前にはものすごく問題作だったのか。
なんか時代を感じる映画でした。
最後、唐突に終わったけどどうなったんかな・・。

一体どうなるやら・・・というあのどことなく不穏なラストシーンが
新しくてややこしくて賑やかな80年代への幕開け?
に繋がってるようでおもしろいなあと思います。
[PR]
by emabag | 2016-02-22 23:10 | 映画 | Comments(0)
e0117741_22264925.jpg


ヘブンメイカー スタープレイヤー (2)

恒川 光太郎 / KADOKAWA/角川書店



この間読んだスタープレイヤーの続編です。
案の定おもしろかったです。


いちおうファンタジーっぽいけど、いや〜などす黒い部分があって怖いのがなんとも、うれしいです。

これは映像化の予定あるのかな。
原作に忠実に映像化したらR18か〜
でもそのまま・・・・か、そのような雰囲気のままでやってほしいな。

いろんなとこ設定変えたりしてジブリの夏休み映画になったりしたら嫌やな。

実写だと大惨事になる可能性は大きいけど。。ちょっと見てみたいなあ。

アメリカでテレビドラマ化してもおもしろそう〜
登場人物は日本人じゃなくなるだろうけどたぶんアメリカ人だとそれなりにまたおもしろそう。
過去と現在のエピソード織り交ぜてLOSTぽくなりそう。
[PR]
by emabag | 2016-02-21 22:44 | | Comments(0)


huluで見てるイギリスドラマ「ホロウクラウン」

私はシェークスピアなんも知らなくて・・映画はいくつか見ててその度に台詞がおもしろいなあ
とは思ってたけど
でも若かったせいか?それほど興味なかったけど「ホロウクラウン」でなんとなくシェークスピアちょっともうちょっと掘り下げて興味持ってみなな〜と思いました。

・・・・で、シェークスピア詳しくないので知らんけど、
「今日はクリスピアンの日だ〜」ではじまる一連の台詞は有名なのかな。
イングランドが劣勢なんだけど優勢のフランス軍を前にヘンリー5世が言うシーン。

この動画はちょっと短いのですが



遊びほうけてたハル王子の時はちょっとそんなに魅力無かったのに王様になった途端かっこよくなってこの「クリスピアンの日〜」の台詞のシーン!!
私はなんかこのシーンがツボで・・何回も見てしまいます。


ついでに何いうてるのはさっぱりわからんけどなんやらカッコ良かったのでこのヘンリー5世役のトム・ヒドルストンていう俳優さんのジャガーのCM?もどうぞ・・・
検索してみたところかなり良いお家のお坊ちゃんみたいなんでそれもまたなんかイギリスの濃厚な香りしてワクワク感あるな。

[PR]
by emabag | 2016-02-20 22:44 | 映画 | Comments(0)

オデッセイ

e0117741_21563797.jpg

公式サイト


宇宙に行く人って頭良いんだろうな〜
宇宙船開発する人って頭良いんだろうな〜

なんかみんなすごい頭良いんだろうな!!っていうのが印象的でした。

私だったらたぶん、1時間くらいで精神的に狂って宇宙服着ないまま外に飛び出して即死かな・・・。


マット・デイモンが最初でっぷりしてたのに後半痩せてるのがリアル。

主人公がなんだかとても前向きで鬱にならないので見てて気持ちよく、楽し気な音楽かかってて
陽気な雰囲気。


・・・・でも、まあ、おもしろいけどわりと普通かな。

ひねりとか、ものすごいオチとかはなくて子供からお年寄りまで誰でも楽しめる気楽な娯楽映画でした〜

火星に取り残された人がシャイニングのジャック・ニコルソンみたいな狂気にかられて
おかしくなって地球に帰ってくるっていう暗い陰鬱なバージョンもチラッと見てみたいような気もする。


「んん???このオッサンまさか・・・」と思ったらショーン・ビーン。
なんか昔、目が鋭い感じのカッコいい感じだったけどいつのまにかすごいオッサンになってた。

ルイス役のジェシカ・チャスティンという女優さんがすごくカッコ良くてキレイでかわいいという印象。

マット・デイモンは普通の顔のようにみせかけといて・・・・なんとなくにじみ出てくる知性や
そこはかとなく漂う誠実さや堅実さというものがなんともいない魅力になってるんかな。。
[PR]
by emabag | 2016-02-16 22:29 | 映画 | Comments(0)