ウツミエマ 1977年大阪生まれ https://utsumiema.jimdo.com/


by emabag
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2016年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

コリン・ファースとジュード・ロウの主演で、1920年代にアメリカ文学の名作を数多く手がけた実在の編集者と37歳で生涯を閉じた小説家の人生と友情を描く。

e0117741_22220243.jpg






地味な映画です。
かなり地味。

予告編だと少し波乱あるように見せてるけど
本編はほんと地味。

いちおう喜怒哀楽みたいなのはあるけど

ほとんど淡々としてて大人の映画です。




でもキャストが豪華です。

コリン・ファースいつも通り良かったです。
善良な人の役がどこまでも似合う、
絶対素敵な人としか思えない、、、そういう顔ですね、、

ニコール・キッドマン神経質な感じが良かったです。
でも役柄なのでしょうがないけど・・私の好みとしてはニコール・キッドマンはブロンドでゴージャスな感じが好き、

ジュード・ロウ、、、あとからトーマス・ウルフ作家本人の写真検索してみたら
雰囲気似てたので、、上手く似せたんだな〜と思いました〜

そういえば、トーマス・ウルフという作家の本読んだ事無いです。
読んでみたいなあと思いました。
編集者ってすごい仕事なんだな〜て初めて思いました。


というか、編集してるっていうこと自体考えた事も無かったな。

しかも編集者と作家の間にある信頼関係・・


いろんなことがひとつに上手く合わさって良い本が生まれるのですね〜


良い勉強になりました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







[PR]
by emabag | 2016-11-23 22:50 | 映画 | Comments(0)

まだ描きかけだけど・・

e0117741_21371815.jpg


ハガキサイズのちいさな絵です。

UFOがやってきた夜。。。


私はUFO
見たことないです、残念ながら。

いつも探してるのですが・・・


たぶん、おそらくしょっちゅうその辺ウロウロしてるんだろうなあ、

人間の中にも宇宙人まぎれてるらしいし。。



私は自分が地球人だと思いこんでいるのですが・・

何ヶ月か前、古い手紙や書類なんかを処分してた際、中学の頃の社会?かなんかのノートが出て来たのですが


ノートに走り書きのような感じで「懐かしい故郷の星に帰りたいなあ、もう地球はうんざり〜」みたいなことが私の文字で書いてありました。

間違いなく私が書いたらしい・・・

これが俗に言う中二病・・・・?・・・じゃなくて!



今は本当に記憶が無いだけで実は他の惑星から来たのかも〜!!中学の頃にはまだ地球へ来て十数年だから記憶が会ったのかも!


となんとなくロマンを感じました。


UFO、、、いつか見たいなあ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0117741_21510226.jpg


[PR]
by emabag | 2016-11-21 21:48 | | Comments(0)

なんとなく思うこと

ごく最近とかでもそうなんですが・・・

過去をふりかえってみても、恥ずかしいことしたなあとか、恥ずかしいこと言ったなあとか

いろいろ思います。

知ったかぶりして言ってしまったこと、ことわざを間違って使ってたこと、
いい気になってか?なんか余計な事言ったり。。。

まあ、数えきれないです。


でもたまに他の人がものすごく恥ずかしいような事をしでかしてるのを目撃すると

「ああ、私だけじゃなかった。。。よかった、ホッ」と思って癒されることあります。

なので、よくよく考えてみると、、私のしでかした恥ずかしい事によって

他の人が「あ、あの人こんな馬鹿なこと言ってるわ〜ホっ」となって癒されてるのかも・・・

と思うと恥ずかしいことしでかすのも、まあ、別にいいか〜と思えてくる。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










[PR]
by emabag | 2016-11-20 22:56 | Comments(0)

iichi



iichi
にもバッグ出してます〜
良かったらご覧ください。
e0117741_13271777.jpg

[PR]
by emabag | 2016-11-20 13:30 | BAG | Comments(0)

ファミリーシークレット


内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ホラーの帝王、スティーヴン・キング原作・脚本によるサスペンス。結婚して25年目を迎え、幸せに暮らしていた主婦・ダーシー。ある時彼女は、夫のボブが、長年にわたって全米を震撼させ続けている連続猟奇殺人犯であることを知ってしまう。





e0117741_22150612.jpg



観終わったらすぐに頭の中から記憶が消去されてしまいそうな、、薄味な内容です。

長年連れ添った夫が殺人鬼かあ・・・・そう、殺人鬼・・・・

で・・・、終わりかい!


みたいな感じです。


なんで、、、あんた殺人鬼やねん!みたいなところは

あまり掘り下げてないし、詳しい事はよくわからないまま。


でもそんなに悪くもなかったです、
観て後悔する感じでもないし・・・それなりにまあまあ。

まあまあ大人のストーリーです。

殺人鬼の心の奥深いところや生い立ちなんかをもっと詳しく知りたい!と思う人には
物足りないけど、



まあ・・・・、これはこれで別にいいんじゃないのかな・・と思います。



でもなんか、インパクトないから忘却の彼方に追いやられていく感じ。



★注意★ 死体の写真はちょいちょいっと出てきます。あと主人公が観てる映画が怖いです。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[PR]
by emabag | 2016-11-19 22:27 | 映画 | Comments(0)



毎日せっせと葉っぱを運んでくれるズンコ。
なかなか上手くタイミングが合わずいい写真が撮れないのですが

とりあえず遠目に撮れた。。

e0117741_14422354.jpg

e0117741_14424313.jpg

e0117741_14431481.jpg




[PR]
by emabag | 2016-11-18 14:46 | | Comments(0)





e0117741_21274663.jpg


なんだか、前回よりあっという間に時間があいてしまったせいか

登場人物がすごい年とってました、、、


レニー・ゼルヴィガー、、あんなに可愛かったのにな、年のせいじゃなく整形したからか〜
顔か変えてなければたぶん、今でも可愛かったはず。

あの悪巧みしてるような目つきが、、、どっかに消えてしまってさみしかったです、
でも声とか雰囲気はそのままだったから良かった〜。

コリン・ファースいつまでも素敵です、、、
世界中の女性の夢を叶えてくれてありがとう・・・・・、、、

このままジイサンになっていく姿にも期待してます。

リアルタイムでコリン・ファースの映画見て私も年を重ねられて幸せです〜



笑えるシーン多くて、、顔がほころびっぱなしでした。
おもしろくて楽しくて最後はほっこりハッピーエンドで、、
良かったです。

話は単純だけど、随所にイギリスの毒のある笑いがちりばめられてるのが魅力かなあ。



でも、マークとブリジット、もはや孫が生まれる事で奔走してるようにしか見えなかったな。


いちおう設定としては40代前半ということらしいけれど・・・


でも今後はそういう中年のラブコメディーみたいなん増えるのかもな・・、
人類の寿命も伸びてるし・・・医療も進歩してるし。






これから100年後の世界はどうなってるんだろうな・・・



と、ふと

遠い未来の事考えてしまう映画でした。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



[PR]
by emabag | 2016-11-17 22:00 | 映画 | Comments(0)




間接的な会話



◯◯◯と、世間が言ってるよ

とか

◯◯さんは、こう言ってたよ

とか

自分の意見をストレートに言わない、ワンクッション置いた感じ。

直接会話せず、人形を通じて、人形に喋らせることで自分をオブラートに包むような、


「これは別に私の言葉ではありません、、」

という逃げの体勢&自己防衛をイメージしたタイトルです・・。

e0117741_14374626.jpg

e0117741_14382205.jpg

e0117741_14383851.jpg

e0117741_14384675.jpg


夜と花

18×14

アクリル絵の具

キャンバス

表面に光沢のある保護剤

¥8000




e0117741_14414581.jpg
e0117741_14413767.jpg
e0117741_14420097.jpg

e0117741_14415387.jpg


[PR]
by emabag | 2016-11-16 14:52 | | Comments(0)

恐怖ノ黒電話

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『dot the i ドット・ジ・アイ』のマシュー・パークヒル監督によるホラー。離婚を機に環境を変えようと引っ越して来た女性・マリー。新しく暮らすアパートには回線の繋がった古い黒電話が据え付けてあった。そこへ謎の人物から着信が入り…。







恐怖の黒電話・・・・・


タイトルだけ見たら絶対つまらん!!っていう感じなのですが

意外とよかったです。

暗くて不気味で不思議で怖い、、、、、

この映画を好き!ていう可能性のある人をあえて遠ざけるようなちょっと悪意のある邦題。


いちおうホラーと思うのですが
血とかえぐい描写は特にないのでそういうの苦手な人(私)も大丈夫です。

でも電話口にオバちゃん出てくるのですがその人ちょっとかなり怖いので、、、

寝る前に見ると悪夢見そう。

声だけで怖い、悪意に満ちたオバちゃんです。


よくよく考えたらこんなオバちゃんいたら怖い!!!
でも、いそう。

近所にいそう!!




というようなじわじわくるちょっと地味な、

地味だけど怖い、

怖いけど不思議、


なかなか魅力的な映画です。


たぶん、このまま変な邦題つけられて隅っこに追いやられるのはもったいない!映画です。



テレビドラマ化してもちょっとおもしろそう。


過去からの電話とか現在が変わってしまう!・・ていうのはパターンとしてありがちかもしれないけど

電話の向こうのオバちゃんが強烈に病みすぎてて怖い、ていうのは目新しい感じしました。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




[PR]
by emabag | 2016-11-15 14:53 | 映画 | Comments(0)

オンラインショップで絵を販売します。

キャンバスのままですが釘でも押しピンでも引っ掛けられますので
お気軽に壁に飾る事が出来ます。
フレームに入れて頂いても結構です。




夜が来る前の動物園

もうそばまで夜が迫っています。
薄暗くなる空とぽつぽつと灯る街灯。
まだまだ帰ろうとしない子供たち。


e0117741_13272795.jpg



e0117741_13284952.jpg

表面は光沢あります。
e0117741_13293653.jpg
e0117741_15563456.jpg
e0117741_13313033.jpg

e0117741_15554703.jpg


黄昏の南町


昔住んでた大阪、
南町というところがあってまだまだ畑が残っていました。
よくレンゲを摘んだり、空き地で遊んだりしてました。
子供の頃はこんな風に遠くまで畑や草原が広がってるように見えました。
e0117741_10512448.jpg
e0117741_10542192.jpg
e0117741_10532233.jpg
e0117741_10513847.jpg
e0117741_10522856.jpg
e0117741_10522856.jpg

e0117741_14154276.jpg
昔住んでいた町の記憶

昔住んでた大阪、
泉北臨海工業地帯が近くにあったので
工場の煙突は身近な存在でした。


夜、二階の窓から遠くにちらちらと工場の光が見えていました。
e0117741_13445842.jpg

e0117741_13451273.jpg

e0117741_13452838.jpg

e0117741_13460116.jpg
町中を走るちんちん電車も身近な存在だったです。
e0117741_13444614.jpg

e0117741_10025805.jpg

e0117741_14131245.jpg
e0117741_14142654.jpg
e0117741_14141053.jpg


ご近所のサーカス

サーカスは楽し気だけど
少し不気味なイメージもあります。
見慣れた近所の風景の中に突如こんなサーカス小屋があったら
ちょっと怖いだろうなあと想像しました。
e0117741_13562690.jpg
e0117741_13565150.jpg
e0117741_13570626.jpg




e0117741_10000575.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






夢の中の町で

ややこしい町ですが
夢の中ではこんな町を自由に飛び回ってみたいです。

今はもう無い香港の九龍をイメージしました。


予約済み
10号キャンバス530x455
アクリル絵の具
表面に光沢のある保護剤を塗ってます。
(オンライン特別価格)

¥50000

ゆうパックで発送いたします。
60サイズの送料のみご負担ください、それ以上はこちらで負担いたします。

ご希望の方はメールにてお名前&ご住所をお知らせください。

e0117741_14163388.jpg
e0117741_14164582.jpg

この絵を描く前に別の絵が描かれていて
その名残としてポツポツとしたものが見えます。
e0117741_14165514.jpg
e0117741_14185695.jpg
e0117741_14204210.jpg
e0117741_14245522.jpg

e0117741_14261250.jpg

この絵を描く前に別の絵が描かれていて
その名残としてポツポツとしたものが見えます。(頬の部分)
e0117741_14270653.jpg




[PR]
by emabag | 2016-11-11 15:08 | | Comments(0)