わらの犬

解説

内容(「Oricon」データベースより)

暴力が横行する現代アメリカから平和を求めて、イギリスの片田舎に妻とともに逃れてきた若い数学者がたどる宿命を描いた作品。ダスティン・ホフマンほか出演。


e0117741_19485546.jpg

なんの情報もなく、サム・ペキンパーていう監督も知らず
なんとなく観た。

私が知らんだけで有名な作品だそうな、


性と暴力と狂気、、、、の世界なので

人によっては好き嫌い分かれるかな・・・



最初、小犬のような目をしてたダスティン・ホフマンが

後半は鷹のような目つきになってて

演技うまいぞ!みたいな感じになってた。


最近だと、こういうタイプのバイオレンスものは数多くあるので
斬新ではないけど

1971年当時、映画館で観た人はショック大きかったんじゃないかな〜
最後イスからなかなか立ち上がれなかったんとちゃうかな


1971年の世界にタイムスリップして、映画館で観てみたいな、

で、まわりの人の様子を観察したい。





[PR]
by emabag | 2018-03-15 20:01 | 映画 | Comments(0)